雛子の毎日

50代主婦の泣き笑いの毎日

パン教室

コロナ以前は合唱団を2つ掛け持ちして歌っていました。

コロナで合唱クラスタと言われて練習も休みになりました。

 

そんな時、ちょうど去年6月です。

気の迷いで全国フランチャイズ展開する料理教室のお試しレッスンに行きました。

このフランチャイズ教室は強引な勧誘など良い噂を聞いていなかったし、

知り合いはものすごい金額を契約し、翌日クーリングオフしたらしいし。

なので、お試しレッスンの後はなんとしても首を縦に振らず帰ってくるつもりでした。

それなのに、結構楽しくなり、

料理、パン、ケーキのうちパンコースを6回分だけ契約しました。

パンコースが期間限定20%OFFだったことも後押しして。

月1回か2回、半年くらい合唱が無い間の暇つぶしのつもりでした。

 

そのうち「1Dayレッスン」なる、メーカー協賛のお得なレッスンも行ったりして、ちょっとハマってしまいました。

 

実は昔、子どもたちが赤ちゃんだった頃から幼稚園くらいの5、6年間、当時のママ友の紹介で赤ちゃん連れOKのパン教室に通いました。

当時はパンの機械や道具も揃え、かなりハマって毎日程パンを焼いていました。

娘は今でも当時のことを覚えていて、

パンを発酵させている横で兄妹喧嘩をしてパンの上にダイブして怒られた、とか、

幼稚園から帰るといつもパンが焼ける匂いがしていた、とか。

娘は今でもパン好きですが、そういう記憶が大きいと言ってくれます。

なので、そんな記憶が蘇ったのでした。

 

パンコースは6回では足りず、後6回追加。

そうこうするうち、昨年末にパンコースが20%OFF期間が終わると言うので、また24回分を追加しました。

気の迷いでケーキコースも6回追加。

すっかり強引な勧誘に染まってしまっています。

一回のレッスンで、パンなら5つ6つ作るのに、

レッスン代は5.6千円。

なんと割高なパンでしょう。

でもまぁ2時間を無心でパンを捏ね、

その時限り同レッスンに居合わせた人と楽しく過ごす、人間関係深く関わるとしんどいことをこの歳でようやく学び、その時限りやたまにまた居合わせる人と柔かに談笑しながらパンを作ることが気晴らしです。

 

昨日はバレンタイン期間限定メニューのチョコパンを作りました。

そんなに甘くなく、今日の朝ごはんに食べます。