雛子の毎日

50代主婦の泣き笑いの毎日

やっぱり大殺界・つづき

https://andante8113.hatenadiary.com/entry/2022/02/18/062421

 


まるでパズルが収まるように

確定申告や銀行の用事が終わり、

ふと思いついて

ポイントを使って無料で映画を観られる。 

 


判で押したようなラッキー。

 

 

 

 


映画館でチケットを買おうとしたら

やたらスタッフが少なくてんやわんや。

老夫婦やBBAグループが

チケットを買うのに手間取っている。

どうも同じ映画を観そうな感じだ。

 


案の定、座席は結構埋まっていた。

密になるのが嫌なので

観にくいが前の方の席を取った。

 


3時間を超える長編作品だったので

去年一昨年はコロナでどさくさのうちに

消滅させてしまったマイルを

今回は失効しないうちにと使って

飲み物も注文した。

 


いざ席に座ると

案の定話し声がうるさい。

大抵老人がたくさん見る映画は

とにかく喋る。

本編が始まるまではもちろん

始まってもまだツッコミをいれたり

スクリーンに相槌をうったりする。

 


やたらうるさいし匂うなぁと

後ろを振り返ったら。

なんとなんとBBAが3人

マスクもせず、おにぎりを頬張ったり

サンドイッチにかぶりついたり

水筒からお茶を注ぎ

ピクニック状態だ。

 


チラチラと振り返ったり

咳払いしてみたが

全く気付く様子もない。

 


手持ちのマスクを「これ良かったら」と

渡してやろうかと思ったが

不織布の個包装マスクは一枚しか手持ちがない。

 


どうにも我慢ができなくなり、

一旦スクリーンを出てスタッフを探す。

人手不足なのかなかなかみつからず、

ようやく出口付近まできてスタッフさんに

様子を説明、注意してもらうように頼んだ。

 


素早く対応してくれて

お偉いさんまでスクリーンの監視に来てくれたが、

スタッフを探すに時間が経ち

BBAたちはすでに食事を終えて布マスクをつけようとしていたところだった。

 


予告編だったので相変わらず喋るが、

まぁそこまでは注意できない様子だった。

 


複数のスタッフさんが通路を歩き回り、

本編が始まるまで居て下さった。

ありがたい。

 


私はチケットを買った前の方の席から

もっと観にくい

前列に列目の端の席に移動した。

 


無事ようやく本編が始まった。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。