雛子の毎日

50代主婦の泣き笑いの毎日

戦争に向かう時①

昨年のコロナ以降、

なんだか戦争が頭をよぎる。

 


もちろん、戦争が起こりそうだと心配しているわけではない。

 


昨年は、不織布の使い捨てマスクから始まり、

マスク用の綿の布地が手芸用品店から消えた。

マスク用ゴムもなくなり、

細手の髪ゴム、

平ゴムも無くなった。

 


政府は、

増産している、来月には市中に出回る、

などと嘘ばかり言い、

ドラッグストアに朝6時から並ぶ人たち。

手作りサイトでは布マスクが高値で売り出され、

すぐ品切れになった。

 


アベノマスクもなかなか届かず

届いたら笑っちゃうくらいのヘタレな品だ。

 


真面目に政府の配給だけを待っていては餓死する。

闇市に子どもまで総動員して何時間も並ぶ

テレビやおばあちゃんから聞かされていた話でしか知らない、その光景が目に浮かぶ。

 


不要不急の外出をして

鉄砲玉に当たっては大変だ、

命懸けで外出する。

兵隊さんなら目に見えるが

武漢ウイルスは見えないからもっと怖い。

 


流石にすぐに出回りはしたが

トイレットペーパーや

消毒アルコール、

お好み焼き粉やホットケーキミックスまで

店頭から消えた。

 


戦争中って、こんなんだったんだろうな。

 


つづく。