雛子の毎日

50代主婦の泣き笑いの毎日

娘と2人の夕食

コロナ以前、

モラ夫は基本的に夕食は外食だった。

 

https://andante8113.hatenadiary.com/entry/2021/02/13/095052

 

コロナ以降、去年春の緊急事態宣言で

殆どのお店が閉めたことから

家で夕食を食べるようになった。

過去記事でもわかるように

家族から逃げて勝手なことを30年近く続けたくせに

何事もなかったように

伝書鳩ごとく帰宅しては

何食わぬ顔で箸を持つモラ夫。

 

息子も家を出て以来、

舅姑も相次いで入院→入所し

娘と2人の夕食が始まった当初、

介護疲れもあり、よく2人でテイクアウトしたり

ファミレスで簡単に食べたり、

気楽に過ごした。

が、やっぱりそれは飽きてくる。

娘と2人分、真面目に作るように。

それは案外楽しかった。

なんでも美味しいと食べてくれる娘と

食事をしながらのおしゃべりも楽しかった。

 

娘の仕事が夜遅くなるので

なかなか一緒に食べないが、

モラ夫と顔を突き合わせるのも嫌なので

早々、1人で食べてしまい、

モラ夫が帰宅したら準備だけして

先に入浴する。

娘が帰宅したらバタバタするから、という理由にして。

 

モラ夫は外出代の節約にもなるし、

美味しいとも言わないが

私も入浴して近くにいないから文句も聞かずに済むし

平和に過ごしている。

それでも、モラ夫も外食が懐かしくなる時もあるようだ。

特に気に入ってしょっちゅう通っていたらしい蕎麦屋さん。

 

娘が仕事が休みの日、

つまり、娘のお迎えに行かなくて良い日、

蕎麦屋へ行ってくる、とたまに夕食を食べない。

 

こちらとしても願ったり叶ったり。

娘など、緊急事態明けに追い出せと言っていたくらいだ。

 

昨日はモラ夫が外食するというので、

じゃあ今夜は何食べよう、とウキウキする。

 

北極星のオムライスをテイクアウトしてもよいし、

カフェでサンドイッチだって娘と2人なら良いわけだ。

 

先日、愛車を擦って代車なので

あんまり外出したくなくて、

パスタを作ることにした。

娘の週イチ料理練習の味噌汁作りも休みたくないし。

パスタとサラダと娘の味噌汁という

変なメニューだって

娘と2人ならかまわない。

 

久しぶりに2人で夕食。

なんだかモラ夫がいないと楽しいね、

なんで話しながら

楽しい夕食だった。