雛子の毎日

50代主婦の泣き笑いの毎日

即席料理教室

20代後半アラサーの娘。

全く料理ができない。

 

私は中学の頃、母が数ヶ月単位で足の手術で入院することがあり、

その間の家事を任された。

それまで殆ど家事をしたこともなかったが、

朝から自分のお弁当を作り、

洗濯と買い物と夕飯の支度をした。

3歳下の妹は、小学生だったこともあり、

私の手伝いに留まった。

父はモーレツサラリーマンで帰宅は遅く

出張などもあった。

 

殆ど家事をしたこともなかったが、

そうなってみるとなんとかなるものだ。

今よりは劣っていたが、

それでも簡単に作れるレトルトや、

焼くだけでいい半調理品、

近所の市場で揚げ物を買ってくることもできた。

 

掃除は休みの日に父がしたし、

洗濯も干して取り入れさえすれば

畳まずともその洗濯したものの山から各自自分の物を取り出して着た。

 

なんとかなるものだ。

当時はその上に2匹の犬がいて

散歩も1日一回私がした。

 

そんなことで、

クラブ活動とは無縁だった。

高校進学後も

また母が入院することもわかっていたので

地味な文化部に入部するも

地味な活動の末、人数不足で潰れた。

当時はそんなに気にならなかったが、

後々、クラブ活動に没頭するような

そんな青春時代を送れなかったことが

なんだかとても大切なことをやり残してしまったように感じた。

 

なので子供たちには家事は一切させなかった。

特に娘の同級生のママ友には

中学に入ったら週に一度は自分でお弁当を作らせる、とか。

ワーキングママ友は遅出の日には夕食を娘に、とか。

でも私はしなかった。

 

家事など必要になればできるのだ。

現に自分は中学生で弁当を作り

夕飯を作ってきた。

林間学校の準備だって自分でした。

 

そんなことよりも、

中学には中学時代にしか、

高校には高校時代にしかできない

クラブ活動でも習い事でもいい、

悪いことしないなら友達と遊び歩くだってかまわない、

その時にしかできないことに没頭してほしいと思った。

 

息子は勉強に。

私立の中高一貫だったこともあり、

学校自体が熱心だったから

塾や予備校にも行かず、

現役で国立大学に進学した。

 

娘はピアノやエレクトーンに。

かなりお金を使ったが、

母娘一体で頑張った。

 

そして今、流石にヤバいと思い、

私がたまたま旅行で家を空ける時に

洗濯や洗い物、お風呂とトイレの掃除は教えた。

麦茶を沸かして水筒に入れるなどは

ペットボトルのお茶を買い置きしておいたりした。

 

さて、食器洗いはできるものの、

お米も満足に洗えないアラサー。

これではいかん!と

コロナのステイホームで仕事がなかった時に

料理を教える予定だった。

私は使わないピーラーを買ったりもした。

が、やっぱり母娘ではダメだ。

特に私がダメだ。

いちいち馬鹿みたいに聞いてくる娘にイラッとし、

待ちきれずに手を出して、

最後には

見ておいて、目で見て覚えろ、とか

板前さんの見習いじゃないっていう。

教えるのに向かない、と娘にも指摘され。

 

そのうち娘の仕事も再開し、

むしろ増えて、

料理や家事はまた私が一人ですることに。

 

最近婚活を真面目に考え出した娘。

日曜日の仕事を無理やり土曜日にまとめ込んで

年度代わりから婚活準備するようだ。

 

それで、仕事が休みの月曜日に

料理を教えることを復活させた。

 

今度は私も賢くなって、

とりあえず味噌汁だけ作れるようにしよう。

まずそれだ。

 

以前「はなちゃんの味噌汁」という映画をみた。

余命宣告された主人公が

まだ幼児だったか小学入学したばかりの娘・はなちゃんに

何を残せるか考え、

味噌汁を作れるようにしておく。

味噌汁さえつくれたら、後はなんとかなる。

メインのおかずは買ってきてもいいし、

レトルトを使って炊き込みご飯にしてもいい。

焼けば良いだけのものもある。

味噌汁さえちゃんと美味しく作れたら

食事が豊かになる、と。

その映画では出汁も鰹節と昆布からとるように教えていたが、

私は多くは望まない。

市販の出汁の素でよい。

そのかわり、良い物を。

 

昨日で3回目だった。

なすと玉ねぎと厚揚げのお味噌汁を作らせた。

 

私はつい、適当、とかいってしまう。

私自身が目分量でなんでもやってしまい、

大匙何杯とか、何リットルとか考えないからだ。

でも娘はどうやら理系脳らしい。

本人がそういうのだ。

私とは脳がちがうから、と。

味噌汁は一人150ml、白出汁小匙一杯、味噌大匙一杯、とか

詳しくいう。

娘はというと、専用のノートを作り、

作った後に記入。

こんなんで料理できるようになるのかわからないが、

とりあえず味噌汁だ!