雛子の毎日

50代主婦の泣き笑いの毎日

ピンクが好き

雛子のペンネームでもわかるように

私は春生まれ。

春は私の季節とばかり、

梅や桜、桃や雛人形の柄があると手に取ってしまう。

つまり、ピンクは大好き。

だけど、実はピンクが好きだと

ちゃんと言えるようになったのは成人してから、

いや、50歳を過ぎてからかも知れない。

 

2人姉妹の姉だった私は

大体青や水色、黄緑をあてがわれた。

妹はいつもピンクや赤だった。

洋服もお下がりを妹に着せることを前提だったから

お揃いではなく色違い。

そうなるとピンクは妹で私はその色違い。

白だったり、水色だったり、えんじ色だったり。

 

成長してお下がりなんていうことがなくなってからも

赤系と青系があればなんとなく青系を選んだ。

ピンクが欲しいと言ってはいけない気がして

いつも忖度して遠慮して

本当は違うのにそうした。

 

成人して

年齢を重ねるとピンクってねー。

 

でもちょうど5年くらい前。

何年間か毎年、まだ学生だった娘と

母娘一泊旅行をしていた。

エステ付きやらアフタヌーンティー付きの

近場のホテルプランを利用することが定番で、

観光というよりは

紅茶教室の体験レッスンに行ってみたり

蜻蛉玉体験に行ったり。

 

ある時カラー診断&骨格診断&イメージ診断に行った。

ペアで三万円程の高価なものだったが

2人で5時間みっちりのものだった。

その時に私は本当に綺麗なピンクが似合うとわかり

堂々とピンク大好き、と公言するようになった。

 

無意識に不必要な鎖を自分で沢山つけて歩いていたのを

一つ大きな鎖を外すことができたかな。